フィットネスで曲を聞くポイントやメリット!私が体験して分かったこと!

フィットネスで運動をするときに、曲を聞くことは集中するポイントになります。周囲の雑音が耳に入ると、集中できないことが多いからです。だらだらとトレーニングをしても、結果はついてきません。そうではなく短い時間で、集中してすることが重要です。

ここでは私の体験談から分かった、曲を聞くポイントやメリットを紹介していきます。

曲選びは気分を盛り上げるものを選ぶ

私がフィットネスで曲を聞いて分かったのは、曲によって気分が大きく変わるということです。曲についてあまり考えていなかった始めの方は、全く知らないクラシックを聞いていました。しかし、クラシックでは集中できなかったのです。

知らない曲であれば、集中できると私は考えていたのですが、知らない曲では集中もできないし、気分も盛り上がらないことが分かりました。フィットネスで大事なのは、これから頑張る自分を応援する曲です。

気分が盛り上がらなければ、すぐにトレーニングを止めてしまうこともあるのです。そこで曲を変えることにしました。私に必要だった曲はロッキーのテーマ曲でした。ロッキーが映画の中で、トレーニングをしているときに流れる曲です。

映画のイメージと重なって、曲を聞くとトレーニングをやろうという気になれました。

この曲に変えてからは、初めから気分を盛り上げることができたのです。他にもいくつかトレーニングと結び付きそうな、曲を集めてセットリストを作りました。筋トレやランニングなどのトレーニングによって、それらの曲の中から、曲を変えることにしています。

筋トレは頑張る自分を応援する曲、走るときには気持ちを後押ししてくれる曲という感じに使っています。毎回同じ曲を使うことで曲が流れたら、そのトレーニングをするように体が反応するのです。

完全ワイヤレスイヤホンは必需品

フィットネスで曲を聞くなら、完全なワイヤレスイヤホンを使うことは重要です。私は普通に売っているイヤホンを使っていた時期がありました。

しかし、そのようなイヤホンは、色々なところに引っ掛かって邪魔になるのです。それが分かってからは、ワイヤレスイヤホンにすることにしました。ワイヤレスであれば引っ掛かることはないですし、手で線を抜いてしまうこともありません。

運動していると線に触ってしまって、本体から抜けてしまうということがあるのです。ワイヤレスだと耳から落ちてしまうのではないかと、考える人は多いでしょう。そんなことはほとんどありません。無理に耳を動かさない限り、簡単に落ちる仕様ではないからです。

このようなワイヤレスが良いのは、体全体を使うトレーニングをするときです。全力で走るときなどは線が引っ掛かる可能性があります。線を気にする余裕がないからです。私は何度か引っ掛かって、線を切ってしまったことがあります。

そのような煩わしさが消えるので、ワイヤレスはすごく役に立ちます。

曲がかかったらテンションが上がる

曲と体はリンクしていて、曲がかかると体が動き出すことがあります。いつもトレーニングをするときに使っている曲を、街中で聞いたことがありました。その時は走りたい衝動にかられたのです。そのように、いつもトレーニングで曲を聞いていると、体の方が覚えているものなのです。

街中で聞いたときには、テンションを下げるのに苦労しました。そこまで聞き込むと、トレーニングが楽になります。フィットネスに通っていると、だらけてしまうときがあります。そんなときに曲をかけるだけで、やる気のスイッチを押すことができるのです。

この方法で私は何度も助けれられました。曲がかかったら走り出す、曲がかかったら筋トレを始めるなど、曲によって役割を変えていました。その曲をかけて無理矢理に運動を始めたのです。その結果、運動を続けることができました。

それがなければ諦めていたかもしれません。それくらい曲を聞くことは効果的でした。

『フィットネス初心者にも最適!クロスバイク運動のススメ』

歌詞が分からない洋楽の方が集中できることも

曲のチョイスとして、邦楽と洋楽のどちらが良いということはありません。ただ私は歌詞に集中してしまうことが多かったので、洋楽をチョイスすることが多かったです。邦楽だと歌詞の意味を考えてしまって、トレーニングに集中できなかったからです。

そこで洋楽を活用することにしました。洋楽であれば、歌詞を聞き流すことができたからです。歌詞が入っていない曲でも良いのですが、それだと集中できる曲が少なかった印象があります。洋楽を知らないという人は、映画の曲から選ぶというのも一つのポイントです。

知っている映画の曲であれば気持ちが入りやすいですし、映画とリンクして集中できるでしょう。映画を選ぶなら、気に入っている映画や応援したくなる映画をチョイスすることが大事です。

周囲の雑音が音楽でシャットダウン

トレーニングをしていると、周りの雑音が気になることが多いです。話声などが気になって集中できないのです。そんなときに曲をかけることで、周りの音が聞こえなくなることはメリットでしょう。雑音がシャットダウンできると、自分のトレーニングだけを見ることができます。

体を動かしていると、周囲の雑音が耳に入らないという人もいます。しかし、私は鮮明に聞こえてしまう方でした。曲をかけずにトレーニングをしていたときは、周りが話している話がいつも以上に頭に入ってきたのです。そのときは話の方に集中してしまって、トレーニングが上手くできませんでした。

曲をかけるようになって、雑音が気にならなくなったのです。理由は簡単で、周囲の音よりも大きな音で曲を聞いていたからです。このようにしたあとは、頭の中から雑音は消えました。周囲のことが気にならなくなったので、トレーニングと向き合えるようになったのです。

集中力が高まることはメリット

曲を聞くメリットとして大きいのは、集中力が高まることです。トレーニングをしていると、集中していないとすぐに止めてしまうことがあります。私は集中力がなかったので、この傾向が強かったです。そんな私が好きな曲を聞くことで集中力が高められたのです。

この曲が流れている間は頑張ろうとか、最後までやり抜こうという気になりました。集中力が高まったことで、トレーニングを目標を下げることなく、やり抜くことができたのです。曲がなければ、最後まで集中できたかどうかは怪しいです。

また、集中力が高まったことで、長期間頑張ることもできました。集中力が高くなっていなければ、諦めてしまっていたかもしれません。